細かいところまで自分の好みにしよう!作業服をオーダーメイドにするメリット

既製品の作業服は在庫があれば、いつでも購入することが可能です。頻繁に作業服を買い替えたい場合には良い購入方法でしょう。しかし、既製品の作業服は大量生産であるため、人と被る可能性が高くなっています。細かいデザインも自分の好みとは違うことも多い傾向にあります。

細かい部分にもこだわって購入したいのであれば、オーダーメイドがオススメです。そこで今回はオーダーメイドのメリットについて紹介していきます。

細かい指定ができる

作業服をオーダーメイドで購入することのメリットはデザインの指定ができることです。関連サイト|おしゃれな作業服・作業着なら専門通販サイト|ユニフォームタウン

指定できる範囲が広いのも魅力的なポイントでしょう。生地やデザインだけでなく、ポケットの数まで自分で決められるため、理想としている作業服に仕上がる可能性は高くなっています。着心地にこだわっているのであれば、生地だけを好みのものに変えるのも良いでしょう。

生地にこだわりはないけれど、見た目は気にするという人はデザインとポケット数のオーダーメイドだけを指示することも可能です。このように自分の指定に沿ったものを忠実に再現してくれます。オーダーメイドは細かい指定に対応しなければならない分、生産に時間がかかる傾向にあります。

このことを考えれば、数ヵ月の生産期間があっても待てるだけの余裕がある人に適した購入方法と言えます。色も細かく指定することが可能です。青色でも薄い青なのか、濃い青なのかという部分まで選ぶことができます。自分の考えたロゴやデザインが綺麗に見えるような色を選ぶと良いでしょう。

機能性の指定も可能

オーダーメイドは生地やデザインの指定だけができるわけではありません。機能性の指定も可能になっています。そのため自分の仕事に必要な加工を指定しておけば、その加工も施された作業服が完成するようになっています。

例えば精密機器を扱う仕事をしている人であれば、帯電防止の加工を施した作業服を作ってもらえます。必要な加工が多いほど、オーダーメイドの金額は上がってしまいますが、大量生産のものよりも丁寧な加工を施されているケースが多いでしょう。

夏用の作業服と冬用の作業服でも機能性の指定を行っておくのがオススメです。夏用の作業服には通気性が高くなるような加工を施してもらうのが良いでしょう。冷感機能を付けてもらって、作業服に触れるだけで冷たさを感じられるものも魅力的なものとなります。

涼しさをアップさせるために空調機能の搭載された作業服を作ってみるのも効果的です。冬場は防寒性の高い作業服が良いでしょう。作業服の生地を厚めにしておくことで、より防寒性の高いものとなります。蓄熱や保温の加工を施しておくのも効果的です。

作業服に蓄熱や保温の加工を施しておくことで、降雪や積雪の激しい地域で作業を行うことになっても、寒さを凌げる可能性が高いでしょう。汗をかきやすい職場にいる場合は蒸れる可能性もあるため、透湿性の高いものをオーダーメイドするのも有効な手段と言えます。

企業のブランド力を高められる

会社のユニフォームとして作業服をオーダーメイドするのも良い方法です。オーダーメイドした作業服は、オリジナリティーの高いものが多い傾向にあります。

どの企業にもないような作業服となれば、企業のブランド力が高まるでしょう。オーダーメイドの作業服が企業のイメージアップに繋がるケースも考えられるため、デザインにはこだわっておくのが良いと言えます。デザインは社員だけでなく、一般の人も目にする可能性があります。

そのことを考えると、企業内だけで楽しめるものよりも、一般の人も見て楽しめるようなデザインや会話のネタにしたくなるようなデザインが良いかもしれません。一般の人にオリジナリティーの高い作業服の話をしてもらうことで、企業のイメージは大勢の人に伝わっていきやすくなります。

会社のユニフォームとして利用するのであれば、企業内の意見を取り入れることも重要です。社員の意見も取り入れた上で、オリジナリティーの高い作業服を作ることで、社内のチームワークが良くなる可能性が高いでしょう。

良いデザインの作業服ができれば、社員のモチベーションアップにもなります。企業のモチベーションアップが成功すれば、企業の売り上げも上がるでしょう。

オーダーメイドはメーカーに直接注文する方が良い

店舗やインタネットでの注文はオーダーメイドのバリエーションが少ないです。店舗によってはプリントや刺繍程度のオーダーメイドしか行えないケースもあります。そのため細かい部分までこだわったオーダーメイドを行いたいのであれば、メーカーへの直接注文がオススメです。

メーカーへの直接注文であれば、生地や機能面での指示にも対応してくれます。メーカーへの注文では、作業服に詳しい人が対応してくれるというメリットもあります。そのため加工に関する相談も聞き入れてくれるでしょう。

メーカーによっては独自の特殊生地を取り扱っているケースもあるため、よりオリジナリティーの高い作業服が作りやすいと言えます。オーダーメイドの作業服を使うときには、丁寧な管理を行いたいという人もいるでしょう。

メーカーにオーダーメイドで作ってもらうケースでは、作業服に詳しい人が管理に関するアドバイスもくれることがあります。仮にアドバイスをもらえないことがあったとしても、自分から質問すれば教えてくれるパターンが多いです。

メーカーへの直接注文は、中間業者を介しません。そのため会社がユニフォームとして作業服を何着も作ってほしいときには、一括での注文がお得になります。

価格の交渉を行いやすい

既製品の場合は、ある程度の価格設定が行われています。店舗によって誤差はありますが、大きな価格の変化はないでしょう。そのため自分が理想としているものを、買いたい金額で買えないケースも多いです。しかし、オーダーメイドは受注生産ですから、完成するまでは価格設定が決められていません。

そのため価格の交渉が行いやすいというメリットがあります。このときのポイントは注文の段階で価格の交渉を行うことです。製品が完成してからでは、既に加工が施された後であるため、価格の交渉が難しくなります。場合によっては相手が決めた金額で製品の価格が決定しているケースも考えられます。

このような状況ではオーダーメイドのメリットを活かしきれません。そのため注文の段階での価格交渉が重要になるのです。この注文の段階での価格交渉によっては、デザインや加工面での妥協が必要になる可能性もありますが、その部分は予算と相談するのが良いでしょう。